... @ piano room ... 
 p r o f i l e
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

■ name
ぴこ(ハンドルネーム) →日記は こちら


■ birth
197*.6.12 茨城県生まれ


■ piano
6才より始める。
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科(ピアノ科)卒業。
卒業後地元土浦市にてピアノ教室を開く。
土浦市、つくば市、東京にてサロンコンサートやジョイントコンサートに出演。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好き!
ピアノの先生になることは子供の頃からの夢でした。
毎日生徒のみなさんとレッスンするのが楽しみです♪
とてもやりがいを感じています。

音大卒業後生徒にレッスンしていく中で、さらに奥深く、幅広くピアノの勉強をしたいと思い、尊敬するピアニストであり指導者である東京のN先生にレッスンをお願いし、今も勉強を続けています。

正統であり、そして常に新鮮な視点をお持ちで、深い知識と技術、音楽への愛情にあふれた先生のレッスンはいつも、ピアノを弾く喜びとさらなる音楽への欲求を感じさせて下さいます。
先生の明確なご指導は、私の指導の内容にも直接影響を受け、大変勉強になっています。

また10年ほど前に、クラシックのジャンルでは扱わないコード理論について理論に深い知識をお持ちのY先生に教えを受けました。そのおかげで音楽の理解や指導の幅が広がりました。




■ jazz

ある時ジャズの魅力も知り、その魅力的な響きと、楽譜にあるものを弾くクラシック音楽と全く違う創作性、即興性というものに興味を持ち、趣味として勉強を始めました。
現在は論理的かつ柔軟でアイデア溢れるレッスンをして下さる千葉県のA先生にレッスンしていただいています。

ジャズは基本にコード理論があるのですが、理論を勉強していくとクラシックの和声や理論と元は共通しており、しかしより複雑で革新的なところもあり、クラシックを弾く時にも非常にフィードバックされるのを感じました。

クラシックの曲を理論的に分析、理解するくせがつき、またそれが速くなります。
そしてコード理論を元にフレーズを作っていく作業をしていくことで、「作る側」の立場、視点に立てるようになるのを感じます。するとクラシックを弾く時にも音の一つ一つ、和声の変化の一つ一つの意味合いをより理解することができるように思います。

コード理論がわかれば幅広いジャンルや演奏形態にも対応できます。
jazzはまだまだひよっこですが、これからも楽しく勉強していきたいです。




■ others
猫の「いちご」と暮らしています。
朝と混んでる所と暑さと運動が苦手で、土浦の程よい田舎ぐあいが好きです。

音楽はクラシックのほかにもジャズやロック、ポップス、ジャンルを問わず良いものは聴きます。
体力の衰えに危機感を感じて少し前からHIPHOPのダンススクールに通っています。

ちょっとしたデザインを自分でするのがわりと好きで、実はこのサイトは全部自分で作っています。ソフトを使わずにhtml手打ちです。作ったのはずいぶん昔ですが。サイト内のイラストは全部自分で描きました。

ほんわか見られることもありますが性質的にはけっこう男前の姉御肌です。

「ぴこ」というハンドルネームも年齢的にもうどうかなと思いますが 2003年からずっと使っていて変えづらいのでネット上ではこの名前を使っています。
ピアノの「ぴ」と本名の「こ」ということでよろしくお願いします。

(少し怖い思いをしたことがありネット上ではハンドルネームを使っておりますが、教室見学の際に名前や教室の場所など詳細をお知らせしております。お気軽にお問い合わせ下さい。)