... @ piano room ... 
lesson profile voice Q&A one point diary mail link




 l e s s o n Q & A
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


Q4: 子供を毎日練習させるにはどうしたらいいの?


A4:
始めから自ら進んで勝手に毎日練習するコなんて なかなかいないです。
練習ってピアノに限らずなんでもそうですが、 できないものをできるようになるために練習するのだから 楽しいばかりではありません。苦しいこともたくさんあります。
でもそこに「喜び」を見い出すことは可能です!

まずは「できなかったことができるようになる喜び」と、 「できたことをほめられる・認められる喜び」です。

「ほめられる・認められる喜び」、これはおうちの方の ご協力が効果大!!です。
子供たちはお母さん、お父さんにほめられたり認められたり すると本当に喜んでがんばります。がんばるとやっぱり がんばっただけ弾けるようになります。すると本人も 嬉しいのでまたがんばれます。

ある程度大きくなるまではできたら毎日1回でも、もし無理なら お休みの日だけでもピアノを聴いてあげてください。
関心を持ってあげてください。
そして大げさなくらいほめてあげてください。
私もレッスンでは良くなったところ、がんばったところは 小さなことでも見のがさずにほめてあげるようにしています。

その時、少しぐらい間違っててもつまづいてもあまり気にしないであげて下さい。それは先生がレッスンでちゃんと直します。反抗期の時期なんかだと、レッスンでもおうちでも同じことを注意されると、「あんもうわかってるよそんなこと!!!」ってやる気を削ぐことになったりしちゃうので・・・。

「やる気」ってすごく大事なものだけど、でも子どもにはそれを長く持続させることはなかなか大変なことでもあります。なので、まだ小さいうちは「やる気」を持続させること、「楽しんで」ピアノを弾く、ということにすご〜〜く重点を置いてます。というか、私は多分最初の数年はそれを最優先させてると思います。

そして、楽譜が読めるようになってレッスンの内容が少し進んでくると今度は 「音楽を奏でる・表現する喜び」を感じられるようになってきます。 こうなってくると自分から練習するようにもなってきます。

     →ブログ記事「家での練習について」




Qへ戻る