... @ piano room ... 
lesson profile voice Q&A one point diary mail link




 l e s s o n Q & A
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


Q7: どうしてデジタルピアノより生のピアノの方が
   いいの?



A7:
デジタルピアノは私も持っていて、夜中などに使ったりしています。 今のデジタルピアノは良くできていてとても便利ではありますが、自分で実際に持ってみて、
「おお!これは生ピアノとデジタルピアノの大きな違いをみなさんに説明しなくては…」
と思いました。

住宅環境などでデジタルピアノしか置けないという場合も多いと思います。 家でデジタルピアノの方もレッスンで毎週生のピアノで弾くことでだんだんその感覚をつかんでいくことができますし、そのように指導もしていきます。

ただ、例えばこれから子供さんにピアノを習わせるためにデジタルピアノと生ピアノとどちらを買おうかと迷っている場合、 もし環境が許すのであればぜひとも生ピアノを与えてあげて欲しいのです。その違いというのは大きいのです。

しかし使ったことのない人からするとデジタルピアノと生ピアノの違いってよく分からないものですよね。 ですので使う側から見たその違いを具体的に書きたいと思います。


1.タッチと音の関係

まず、「こんなふうに弾いたらこういう音が鳴る」っていうのは弾きながら感覚で覚えていくわけなのですが、 デジタルピアノだとその感覚が違ってしまいます。

●まず単純に音量

「これくらいで弾いたらこれくらいの大きさの音が鳴る」というのは、 デジタルピアノだと音量のつまみを変えるとそれで変わってしまうので体得していけないんです。 小さい音量に設定してしまうと余計な力が入る弾き方になってしまったり、逆に大きめの音量に設定すると弱い力で弾いてもよく鳴るので 実際に生のピアノで弾こうとすると音がよく鳴らせなかったりすることがあります。なかなか難しいです。

ピアノは楽器の全体が鳴るように作ってあるので、その感覚もスピーカーから出てくるのとはだいぶ違います。

ヘッドフォンで大きな音量を出して弾いてたら耳が疲れるし。「ヘッドフォン難聴」という言葉があるくらいで、 ヘッドフォンで長時間大きな音を聴いていると難聴の原因になります。 これは深刻な問題です。

●次に音質

音質というと音量に比べて分かりづらいかもしれませんが、簡単に言うと、響く音と響かない音、固い音と柔らかい音、 はっきりした明るい音とくぐもった暗い音、などです。

実際ピアノを弾くと分かりますが、これは音量と同じくらいに大きな要素です。 ピアノは多分一般の方が思っているよりもはるかに繊細に指のタッチを伝えます。

うまく打鍵できなければ音がかすれたり響かない音になったりします。無理な力が入れば耳障りで金属的な音になったり乱暴な音になったりします。 また、例えばメロディーをくっきりとした音で浮き立たせて伴奏をやわらかい音で弾くなど、音質の弾き分けは演奏表現において 欠かせない要素でもあります。

そういった音質の弾き分けは、生ピアノを使っているとある程度は自然に身に付いて来るのですが、 デジタルピアノだとその「技量」ももちろんですが、音質に対する「感覚」自体が身に付きづらいのが問題です。

デジタルピアノはタッチで音量の差は出ますが、音質の差は出ません。どんなにヘタに弾いても、いつも同じ、 サンプリングしてある「いい音」が出ます。これだと実際にピアノで弾く時に「いい音」を出す技術(タッチ)が身に付きづらく、表現の楽しさも半減してしまいます。

人間の耳の発達は、3〜5歳がピークで9歳くらいまでに発達するそうです。
例えば英語圏に育った子供は、当然英語の発音を聞き分けられるようになります。例えば、日本語の「あ」に近い英語の母音で、 「え」に近い「あ」、「お」に近い「あ」など、その他日本語では区別して表記できない発音が英語にはいくつもあります。 英語圏の子供達は当たり前にそれを聞き分けられ、そして使いこなせるわけですが、 それを耳にして育っていない日本人は、後から習得するのに非常に苦労するわけです。

どうも楽器の音にも同じようなことが言えるように思います。音を聞き分けられる耳。 それは耳の発達時期に大きく関係しているように思います。だからこそ、その大事な時期に電子の平坦で無機質な音ではなく、 生の楽器の豊かな音で育ててあげたいものです。


2.快感

良い楽器の音は「快感」を生みます。 それは味覚や嗅覚など、他の五感と全く同じだと思います。 ほんとに美味しい食べ物、「ああ〜美味しい!もっと食べたい、 また食べたい」っていう、五感に訴えかける快感です。

自然の音には「倍音」が含まれていて、それがとても豊かで気持ちの良い響きを作ります。 生の楽器はその倍音がたくさん含まれています。
生のピアノもそうです。単音で弾いてもその中にたくさんの音が含まれています。そしてたくさんの弦同士が共鳴し合って、 ふくよかな気持ちの良い響きが出来上がります。共鳴板は響きを増幅させます。 そして良いピアノはボディーも一緒に共鳴するように素材を厳選し、工夫をこらして作ってあります。

そうした響きはやはりデジタルでは出せないです。音は五感に直接訴えかけるものなので、その快感は経験者でなくても 比べてみれば明らかに違いが分かります。 そんなわけで、そういう快感を感じられる生楽器の方が楽しく、気持ちよく弾けるのです。

あと、デジタルピアノもそれぞれのメーカーで良い音にしようと思って良いピアノの音をサンプリングしているわけなのですが、 でもデジタルピアノに付いてるスピーカーって、そんなに立派なスピーカーが付いてるわけじゃないんですよね。 だって、クラシックをオーディオでちゃんと聴きたいと思ったらスピーカーだけでもけっこうな金額になっちゃいますものね。 だからどうしてもデジタルピアノのスピーカーから出てくる音は「デジタルピアノの音」になっちゃうっていうのもあるんじゃないかな。


3.ペダル

各メーカー、鍵盤のタッチはピアノに近付けようと工夫を凝らしているのですが、ペダルはどうにもなかなかピアノから遠いです。 でもピアノ曲ってたいていペダル使いますからねえ。

デジタルピアノにも各メーカーいろいろランクがありますが、どこのメーカーもランクの低い機種のペダルは 「ハーフペダル」対応じゃないです。 つまり、「on」か「off」というスイッチになってるだけなんです。

しかしピアノのペダルは、車のアクセルみたいにちょっと踏んだり深く踏んだりして調節しながら使うものなのです。 なので、デジタルピアノを買う場合は必ず、「ハーフペダル対応」っていうのにしましょう! でもハーフペダル対応だとしても、実際のピアノのペダルと、その踏み加減とペダルのかかり具合がずいぶん違うのです…。

あとペダルにも関係するのですが、デジタルピアノを買う場合は「同時発音数」に 気を付けて下さい。文字どおり「同時に鳴らせる音の数」ということです。 「でも10本指で弾くんだから、10コ以上一緒に鳴らさないでしょ?」と一瞬思う方もいるかもしれませんが、 例えば低音から高音への長いアルペジオなんかをペダルを踏んで「タラタラタラタラタラタララ〜〜〜♪」なんて弾いたり、 ペダルを踏みながら両手で和音をいくつも「ジャンジャンジャンジャジャ〜〜〜ン!!」なんて弾いたら、 64音ポリ(同時発音)のものでは後半を弾く頃には前半の音が切れちゃうんです。 なのであまり同時発音数の少ないものはクラシックには向かないです。 で、この「同時発音数」というのもメーカーや仕様によって表示が違うことがあるので(例えばステレオになっているものだと 一つの音を弾くのに2音使ってたり)、そのあたりは実際に弾いてみて確認するといいと思います。
(追記:現在(2013年)では多くの機種は同時発音数128以上になっているようです。 デジタルピアノの同時発音数についてはこちらのサイトの説明が分かりやすいです。 →こちら



とまあ長く書いてしまいましたが、これは私が実際に使ってみて感じたことです。参考になれば幸いです。

あとおまけですが、デジタルピアノは調律しなくていいからお金がかからない・・・というのはその通りなのですが、いやー故障・・・というか劣化?はしますね。
私はデジタルピアノ2台目なのですが、何年か使っているうちに2台とも音が不揃いになりました。不揃いっていうのは音の高さじゃなくて音量です。

デジタルピアノは鍵盤の動きをセンサーで感知してそれに応じてサンプリングしてある音源を動きに応じた音量で鳴らすわけなのですが、そのセンサーの問題なのかなあ、鍵盤の問題なのかなあ。弱めに弾いてもちょっと大きく鳴っちゃうみたいな鍵盤が1本、2本と出てくるんですよね。そういうのって修理できるんだろうか。

まあ私が弾くのと小さい子が弾くのとでは故障の出方も違うと思いますが・・・。

あともう一つおまけで、ちょっと話は違いますがピアノを買うのに迷った時、もう一つ「中古再生ピアノ」という選択肢もあります。
ただこれはあんまり言うと新品のピアノを一生懸命売ろうとしている楽器屋さんに怒られそうなので軽く触れるだけにしておきますが(笑)、ピアノは消耗部品を交換したりちゃんと修理して調整すればまた使えるようになります。また、古いピアノは今よりも材質が良い物を使っていて良い音がする物もあったりします。外装もオーバーホールしたものであれば見た目も新品と変わりません。そして値段も新品を買うのに比べたらずいぶん違います。

以上よかったら参考にしてみて下さい。



Qへ戻る